行き詰まりは誰にもあります

未熟なチャットレディー教室ですが、幾つかご相談やご指摘などを頂くにつれ、考えがまとまらないまま、しばらく更新を怠っていました。

なかなな思ったような成果が出ない方からのご相談が多いのですが、プロ意識を持って、一つ一つきっちりと対応していれば、いづれ開花するという問題でもないような気がしてきています。

クララは現実主義ですから、基本的に甘い言葉は苦手です。チャットレディーを始めて人生がバラ色になるなんて、とても保証できません。

そりゃね・・・嘘でも「自由な時間に気ままにお仕事をしてガンガン稼げます」って書いてあった方が夢があるとは思います。

在宅チャットレディーの場合、騙されたと思って登録し、お仕事を始めたところ、実際稼げなかったとしても、別段損をすることはありませんから、無責任に登録を煽っても苦情を受けることはありません。

でも、誰もが順調に収入を得られるわけではないというのが現実です。だからこそ、順調なスタートを切るためのノウハウを中心に紹介してきたわけですが、その通りにやっただけで成功出来るノウハウなんてどこにもありません。

時代の変化

思えばクララがチャットレディーを始めたのはもう10年近くも前の事ですし、その頃とは何もかもが随分と変化しています。クララが比較的うまく収入を得られたのも、時代的な背景があったのかも知れませんし、単に運が良かっただけかも知れません。

そう考えると、なんだか自分に自身が持てなくなってきています。

今では、携帯端末を中心とした別の仕組みも沢山ありますし、いわゆるライブチャットはもはや古めかしく感じたりします。

このサイトは比較的パソコンからのアクセスが多いのですが、最近では半分以上が携帯端末からのアクセスになってるサイトも珍しくありません。

パソコンでネットを楽しむ人の割合は確実に減ってきているわけで、パソコンでのライブチャットも一時ほどの活気がなくなっています。

もちろん今でもライブチャットで稼いでいる方もいるのですが、これまでと同じ手法では生き残るのが精一杯で、満足できるような収入を得られないかも知れません。

でも、パソコンチャットレディーが少なくなっていると考えれば、強力な競争相手も少なくなるわけで、ピンチはチャンスかもしれません。

もちろん努力だけでなんとかなるわけでもなく、向き不向きという問題も存在するのは確かですが、流行の仕組みに便乗しても、基本的には同じだと思っています。

ただ、スマホを中心としたチャットレディーのお仕事について、クララももっと勉強する必要があるのかも知れませんね。

何事も考え方で変わります

ライブチャットはあなたの才能を活かせる場所かもしれないですが、数ヶ月やってみてワクワクするような事がほとんどなければ、別の道を探したほうがいいのかも知れません。こういってしまうと身も蓋もないのですが・・・

お仕事は我慢料だと言う人もいますが、クララはそう思いたくありません。クララの場合、与えられた仕事を黙々とこなすタイプじゃないので、自分からワクワクできるような仕組みをいつも考えています。

クララにすれば、当たり前のことを当たり前の様に出来る事が一番大切だと思うのですが、本当に当たり前の事だけだったら、誰もつまらなく思ってしまいます。

ここはチャットレディー教室という名目ですから、やはりチャットレディーを応援する立場でありたいと思っていますが、実際の所、具体的なノウハウはそんなに多くはありません。

ここでまだ紹介していない事も沢山ありますが、マニュアル的に理解してしまうと逆効果になる事例もあります。

例えば、一度のチャット時間はどれくらいが適切か?なんていうのに答えがありませんが、クララは男性に引き際を作って上げることも大切だと思っています。

報酬を考えれば、接続時間は長いに越したことはありませんが、ズルズルと引き伸ばすのではなく、頃合いを見て切り上げるきっかけを作って上げる事は案外効果的です。

男性側からすらば、そうすることで負担も少なくなり、次につながり易くなるのですが、それだけでなく気が利く女性として認識して貰える事にも繋がります。

でも、これって結構高等テクニックで、使い方を間違えるとお客様追い出している様に思われたり、別のお客様との約束があるのかと勘ぐられたりします。

そういう意味では、毎回のチャットが実践トレーニングですから、お客様はあなたのレベルを上げるための教材でもあるわけです。そう思うだけで、すこし取り組みが変わると思いませんか?

要するに考え方次第です。行き詰まったら少し休んで発想を変えてみるのも重要です。

トップへ戻る