通勤型のメリット

チャットレディーを始めるきっかけが、報酬であるのは間違いのないところでしょう。

お金に困っていなければ、いくら時間を持て余していても、わざわざチャットレディーをやってみようという発想にはなりにくいと思います。

必死に働く必要はないけれども、お話するだけでお小遣いを得られる副業としてチャットレディーを始める方はたくさんいます。そうした余裕のある方は、このサイトの情報だけでも充分なお小遣いが稼げるようになると思います。

でも、もしすぐにでも収入が必要で、お勤めにでることも可能であるならば、通勤型のチャットレディーを考えてみる価値は充分にあります。

通勤型のしくみ

たとえ通勤が可能であっても、ライブチャットサイトに登録する場合、ほとんどの方が在宅型を選ぶのは、

  •  ▶ 在宅の方が安心
  •  ▶ できれば外に出たくない

というのが2大要因ではないでしょうか。

募集広告でも在宅勤務が大きく扱われ、在宅が無理なら通勤も出来ます、という扱いになっていますから、

  •  ▶ 自宅にパソコンや通信環境を用意できない
  •  ▶ 自宅に落ち着いて話のできる場所を確保できない

などの理由で、在宅勤務が無理な方のためだと思い込んでいる方も多いようです。

また、少し調べれば、通勤型の方が在宅型より報酬(分給)が低いことにも気づきます。

通勤型の場合、通信環境やパソコン・カメラなどが整った、冷暖房完備の個室チャットルームを事務所側が用意してくれます。
それ以外にも休憩室シャワールームがあり、フリードリンクスナックや軽食食べ放題というのも珍しくありませんし、送迎交通費の支給もあります。

運営するスタッフの人件費も必要になりますから、報酬からその分を差し引かれるのは仕方がないといえます。
差し引かれるのは報酬の約20%程度というところが多いようですが、その割合とサービスは必ずしも比例するわけではなさそうです。

例えばチャットレディーの平均報酬が10万円だとした場合、100人のチャットレディーを抱えている事務所では1000万の20%で200万円が事務所の収益になります。
稼げる人と稼げない人の割合は大体決まっていますから、基本的にいかにたくさんのチャットレディーを抱えているかが事務所の収益を左右するわけです。

ですから、しっかりした事務所はより多くのチャットレディーを確保するため、勤務環境を良くしようとする傾向があるといえます。

ともあれライブチャットの場合、ほとんどは分給制なので、例えば自宅型の分給が70円なら、通勤型では15円程度を運営費として差し引かれ、分給55円程度になる計算です。

在宅の場合、パソコンや通信環境がすでにあれば、新たな経費はほとんど発生しませんが、これから用意するとすれば、パソコンに3~5万円程度、自宅からライブチャットに支障がないネット環境を用意するのに、月々3500~5000円程度が必要になります。

単純に計算すれば、月々1万円もあれば新たに自宅で環境を整えても採算は取れますから、月5万円の稼ぎがあれば、1万円を管理運営費として差し引かれるよりはお得です。

それでも通勤型にはそれ以上のメリットがあるのです。

ノウハウを学ぶには通勤型が一番早い

チャットレディーを始めるのに、在宅か通勤かの選択次第で、その後チャットレディーとして 一人前になるまでの時間が随分と変わってきます。短期間でしっかりとした収入を得るためには、実は通勤してみるのが一番なんです。

何かを始める場合、誰かに教わった方が上達のスピードが早くなるのは間違いありません。ピアノを始めるにしても、誰か先生に見てもらったほうが明らかに早く上達できます。保険の外交員になるにしても、いいトレーナーについて貰ったほうが、より正しいノウハウや情報を取得できます。

ただし、それにはちゃんとした先生に習うことが大切です。ゴルフの場合だったら、単なるゴルフ好きの教え魔さんに習っても、どうでもいい事を思いつきでアドバイスされ、悪い癖がつくばかりです。

前述の通り、ライブチャットを運営する事務所としては、勤務するチャットレディーが稼げば稼ぐほど潤う仕組みですから、稼ぐためのノウハウを熟知したマネージャーが、より早く、より多く稼げるように的確なアドバイスをしてくれます。

その方が、自己流でお仕事を始めるより効率的なことは容易にイメージできると思います。

部屋のセッティングやライトの当て方などの見せ方、待機中の過ごし方やそれぞれのお相手ごとの具体的なやり取り方法など、望めば望むだけ具体的なアドバイスを受けられるんですから、それを利用しない手はありません。

いくら自信があっても、思っているほどうまく行かないのがこの世界です。私自身もそうしたアドバイスを受けたり先輩からノウハウを教わったことで、それほど行き詰まることもなく安定した収入を得られるようになりましたが、もし在宅の自己流で進めていたら、きっと投げ出していたかもしれません。

最終的には在宅で稼げるようになるのが一番ですが、たとえ2~3ヶ月でも現場で指導を受けられれば、その後がずっと楽になると思います。

勤務型では人間関係が出来ますから、辞めたくてもすぐには辞めさせて貰えなかったりということはある程度ありますが、それは一般の仕事でも同じです。予めいついつまでと告げておけばトラブルになるようなことはありません。

でも直営事務所はほとんどないのが現状です

これだけ通勤型のメリットを語った後で申し訳ないのですが、実のところ通勤できる直営事務所はほとんどないのが現状です。

クララがお世話になったマダムとおしゃべり館チャトレ30 ラブチャットなどを運営するフロムぴゅーちゃんでも、新宿・渋谷・池袋にしか直営事務所がありません。

それでも直営事務所があるだけいい方で、たいていの大手サイトはそもそも直営事務所を持っていないのです。

複数のライブチャットサイトの代理店事務所を運営しているポケットワークは、北海道札幌市・宮城県仙台市・東京都新宿区・神奈川県横浜市・愛知県名古屋市・大阪府大阪市・広島県広島市・福岡県福岡市にしっかりした事務所を持っています。
ここには複数のライブチャットサイトが加盟しているので、上記地域に通勤が可能なら、そこでも安心して仕事が始められます。

また、DMMライブチャット専門の一次代理店GTMグループ は、全国に70店舗近いチャットルームを展開しています。大都市はもちろん石川・長野・鳥取・熊本といった県にも事務所があり、サポートにも定評があります。
通勤可能なチャットルーム一覧は、トップページの「よくある質問」から左側に表示されるサブメニューで調べられます。

もし通勤が可能で、近くにこれらの事務所があればラッキーです。あれこれと悩んでいるよりすぐに行動することをおすすめします。GTM以外は在宅・通勤にかかわらず、とりあえずはネットで仮登録という形になりますから、申込の際はどちらを選んでおいても問題ありません。後から通勤希望を申し出てもすぐに対応して貰えます。
GTMグループの通勤の場合は、希望勤務地を選択して応募することになります。

事務所は思っているよりずっと綺麗ですし、いかがわしい雰囲気は全くありません。女性スタッフもいますし、インターネットカフェに近い感じです。

しかし、それ以外の独自経営の小さな事務所になると、ネット上で大きく宣伝していたり、綺麗な写真を並べているからといって、それだけで安心だとは言いきれません。

「面接しますと言われて出向いたらアダルトビデオに出演させられそうになった」とか、「チャットルームで待機していたら見知らぬ人が入ってきた」というような事も充分あり得るわけです。
それまでは安心な事務所だったのに、経営が行き詰まって身売りした、ということだって起こりますから、絶対はありません。

基本的なしくみを考えれば、そういう事はむしろまれで、ライブチャットとして健全に営まれている方が圧倒的多数だと思いますが、やはり地方の小さな事務所は控えておいた方が賢明でしょう。
アクセスしてくるお客様の方も、大手サイトの方が圧倒的に多くなりますから、いくら通勤がいいといっても、あえて地方の小さな事務所でチャットレディーを始めるのはおすすめできません

ネットでいくら調べても、なかなか本当のところまでは分かりません。仕事内容が仕事内容だけに、誰かに相談したり訪ねたりというわけにも行きにくいと思います。

大手の直営事務所や代理店事務所といえども、サイト全体としてうまく行っているから運営できているという面はあります。スタッフのお給料は歩合ではないと思いますが、すこしでも売上を上げたいのは当然で、サポートにも力が入るわけです。

そこが値打ちなのですが、力が入るあまり、より稼げるアダルト系を勧められる事はあります。決して強制されることはありませんが、事務所によって温度差はあるかも知れません。

その辺はやってみないと分かりませんが、案ずるより生むが易し、というのは案外どんな世界でも当てはまりますから、通勤が可能であれば、一度は行ってみることをおすすめします。

最終的には自宅や自分のオフィスで仕事をするための一段階として、経験はきっと役に立つと思いますが、通勤ができなくても何も心配いりません。その時は、クララのサポートに期待して在宅型で始めてみて下さい。

トップへ戻る