登録からお仕事を始めるまでの流れ

応募するまでにやっておくことを済ませたら、いよいよサイトに登録し、お仕事を始めるという流れになります。

といっても、応募した日の内にお仕事を始めることも可能ですから、あっけないくらい簡単に済んでしまいます。

基本的にはどのサイトでもほとんど同じ作業になります。スマホなどの携帯端末でお仕事をする場合も、ウェブカメラの変わりに端末のカメラ機能を使うだけで、作業に差はありません。

登録は普通、仮登録 → 本登録 → カメラテストという順で進んでいきますが、おおまかな作業としては以下の通りです。

  • 身分証明書の確認
  • プロフィール項目の入力
  • プロフィール写真のアップロード
  • 受取口座情報の登録
  • カメラテスト
  • お仕事スタート

身分証明書の確認は、仮登録の段階で送信が必要なサイトや、カメラテストの時に確認するサイトなど様々です。

回線速度のチェック

ライブチャットでは映像のやり取りを行いますから、ブラウザで普通のページを見ているよりも高速な通信回線が必要になります。

回線速度が充分でないと、実際に申し込んでからカメラチェックの段階で引っかかることもありるので、予めチェックしておくことをおすすめします。

このサイトからもチェックが可能です。「スピードテストを開始する」をクリックすると計測が始まります。下り回線(ダウンロード)・上り回線(アップロード)の順にチェックするので、計測に30秒~1分程度かかります。

計測が終わると、現在の環境での回線速度が表示されます。一般的にダウンロードよりアップロードに時間がかかるため、アップロードで4Mb/s以上あればライブチャットが可能です。

 

なお、携帯端末の場合は、WiFi環境が必須になります。いくらネットに接続できても、端末の回線では通信容量に制限があり、それを超えると極端にスピードが遅くなったり、別途料金が必要になるので、実質的にライブチャットは不可能です。

自宅にWiFi環境がない場合は、WiMax等を契約してWiFiで接続できる環境を用意した上で、速度をチェックしてください。

身分証明書の確認

身分証明には、免許証・パスポート・マイナンバーカード・住基ネットカード・社員証・
学生証・健康保険証などが使えますが、顔写真の乗っていない健康保険証などの場合には、クレジットカードや通帳などと組み合わせて提示する必要があります。

提示といっても実際に見せるのではなく、それらを写真に撮って送信するだけです。サイトによってはカメラテストの段階で見せるだけでよい場合もあります。

基本的には18歳以上の女性であることを確認するのが主な目的ですから、それほど厳密にチェックしているわけではないようです。

プロフィールの登録

プロフィールを入力し、プロフィール写真をアップロードする作業です。

サイトによってプロフィール項目は様々で、質問形式ののアンケートのような形式が用意されている場合もありますが、このサイトを読んで頂いている方なら、自信をもって作業を進められるはずです。

何の準備もなしに登録した場合は、適当に入力してしまいがちですが、それでは出だしで遅れを取ってしまいます。プロフィールの重要性

写真もすでに用意していれば、うまくサイトのフレームに収まるようトリミングするだけで済みます。トリミング処理

受取口座登録

自宅でチャットレディーのお仕事をする場合は、報酬は必ず口座振込という形で支払われるので、それを受け取るための口座を登録しておく必要があります。

どの銀行でも問題ありませんし、ネット現行の口座も使えます。振込手数料が一定の場合は、どの銀行でも有利不利はありませんが、サイトによっては手数料が安くなる銀行を用意している場合もあります。

即日支払などを続ける場合は振込手数料が馬鹿になりませんが、毎月1回の受取なら手数料をそれほど気にする必要はないでしょう。

なお、自分名義以外の口座は使えません。もし自分名義の口座をお持ちでない場合は、前もって口座を作っておく必要があります。都市銀行よりなるべく近くの銀行の方が便利です。

カメラテスト

自宅でお仕事を始める場合、ここで始めて外部の方と接触することになります。多少緊張するかもしれませんが、スタッフはほとんどの場合女性ですから安心です。

なお、ウェブカメラをレンタルする場合は、登録作業を済ませた後、カメラレンタルの申込を行い、カメラが届いてからの作業になります。

すでにウェブカメラを用意されている場合、カメラ接続テストからウェブカメラに映し出されているあなたを確認できます。

カメラテストは、ウェブカメラを接続した状態で登録サイトのカメラテストを呼び出し、カメラの使用を許可すれば、ほとんど自動的に双方向通信が開始されますから、あとはテレビ電話の感覚でスタッフの指示に従うだけです。

万一うまく通信が出来ない場合は、電話等でスタッフから操作説明を受けることができます。問題なく接続出来ている場合は、スタッフから簡単な質問や説明など受け、いよいよお仕事のスタートとなります。

トップへ戻る